つみたてNISA

つみたてNISAの商品(銘柄)選びが解決する2020年最新おすすめ商品6選

つみたてNISA商品選び

つみたてNISAの商品選びで悩んでいませんか?

その悩みを解決する2020年最新おすすめ商品6選の紹介です。

私はつみたてNISAで20年間積み立てしてできたお金を老後資金にしたいと思っています。

正確には積み立ててできたお金をさらに運用して、その運用益を老後資金にするという考え。
(FX自動売買のリピート系でほたらかし運用しながら老後資金の足しにしたいと考えています)

人それぞれ必要な資金や使い方は違うでしょうが、私はある程度の運用益(利回り5%程度)が出てほしいと考えてリスク高めで運用中です。

あなたが必要と考える運用益にあわせて6つの商品を紹介しています。

同じような商品が多いつみたてNISAの商品ラインナップの中で、運用コストの低い商品を選びました。

一般的に投資信託でのリスクとは、値動きの幅です。

例えば債券の多く入った商品は値動きが小さくなるのでリスク(値幅)が低いと考えられます。

あなたの望むリスクに合わせた商品の参考にしてください。

 

つみたてNISAで選べる投資対象

つみたてNISAで選べる投資対象は8種類。

  • 国内株式
  • 米国株式
  • 先進国株式
  • 新興国株式
  • 国内債券
  • 先進国債券
  • 新興国債券
  • REIT(不動産投資)

このうち債権とRITEは単独では投資できません。

バランス型を運用することで保有することが可能になっています。

株式とREITに比べると債権はリスクが低いので運用中に評価損が出ることがストレスに感じる方は債権の比率を増やすといいでしょう。

私はつみたてNISAである程度のリターン(5%程度)を求めているので債券の運用は必要ないと考えています。

ですが人によってはリスクが少ないことが第一の条件と考えている場合もあるでしょう。

債券の比率が増えればリスクとリターンが低くなります。

つみたてNISAの初心者に選び方がわかる要点の解説と商品(銘柄)の紹介つみたてNISAを始めようと思っているけど、商品が多すぎて迷っている方に商品の紹介と選び方の要点を解説します。 ポイントがわかれば...

利回り5%を目指すには

絶対に5%の利回りがほしいと考えている私は債権は含めず株式のインデックスファンドだけで運用しています。
(絶対に5%の利回りが保証できるわけではありませんよ)

ちなみに利回り5%で毎月33,333円を20年間積み立てると約1,370万円になります。

耳飾りの少女
耳飾りの少女
思っていたより大きな金額になるのね

組み入れる割合にもよりますが、債券が入っていると5%の利回りが達成できない可能性がでてくるので債券はなしで。

RITEが入っていても5%は可能かもしれませんが、分散投資を考えるとRITEの割合が多くならないように気を付けましょう。

REITの割合には気を付けましょう

REITというのは不動産などを購入して、その賃貸収入や売買益を得る商品。

分散投資を考えているのであれば、不動産運用に特化したREITが多い割合にならないよう気を付けたいです。

写真は人気のe MAXIS Slimバランス(8資産均等型)の資産構成になります。

出典元:SBI証券

写真左の円グラフでは株式、債券、REITと投資対象としてはバランスよく振り分けられていて安心感がありますよね。

しかし業種で考えると全体の25%がREITです。

写真右の組入銘柄上位を見ると、トヨタ自動車(株式)以外の9銘柄は国内REITです。

バランスよく投資しているつもりが、日本の不動産投資に多くの投資していることになります。

耳飾りの少女
耳飾りの少女
バランス型だから安心していたのに
かんたろ
かんたろ
株式、債券、REITというくくりでは良いバランスで分散されているのですけどね

REITの成績は悪くない(むしろ今は絶好調の成績)ですしe MAXIS Slimバランス(8資産均等型)の成績も十分に納得がいく水準だと思います。

ですのでREITが悪いという事ではなく、分散投資としてはREITの割合が多すぎるということ。

いろいろな投資対象を組み合わせることで分散投資できているように思いがちですが、投資業種に偏りができてしまう場合があります。

e MAXIS Slimバランス(8資産均等型)を運用する際にはこの商品1本だけではなく、アセットアロケーションを自分で考えて他の商品を組み合わせるなどしてはいかがでしょうか。

コロナショックの暴落ではREITは株価以上に下げ、分散投資で下落リスクを緩やかにする作用は全く発揮できていません。

私が思っていたように、e MAXIS Slimバランス(8資産均等型)はバランスが良くリスクが軽減できる商品とは考えない方が賢明です。

私はREITを含めなくても株式のインデックスファンドだけでもリスク商品の分散投資できるという考えです。
(インデックスファンドに投資すれば若干ですが上場不動産会社株も含まれています)

出典元 マネー研究所

写真は世界株式に毎月1万円積み立てした時の損益です。

世界株式に10年間の積み立て投資だとマイナスになったケースがありますが、20年間積み立てするといつ投資を開始しても利益が出ているデータです。

つみたてNISAでは最長20年間も非課税期間があります。

未来のことは誰にもわかりませんが、インデックスファンドだけで利益が出る確率は高いのではないでしょうか。

かんたろ
かんたろ
全世界株式インデックスファンドを長期間積み立て投資することで、利益が出る確率が高いことがわかりました

インデックスファンドなら米国株式だけで分散投資は可能

株式インデックスファンドで分散投資をする場合、世界のどの地域に投資するかを決めなくてはいけません。

日本、アメリカ、先進国、新興国、世界全体に分けることができます。

耳飾りの少女
耳飾りの少女
世界全体が一番よく思えるけど
かんたろ
かんたろ
本当にそうでしょうか

結論から言うと、アメリカ株式のインデックスファンドで分散投資は可能という考えです。

 

分散投資としては一番良さそうに思える世界47ヶ国の株式約8000銘柄を投資しているバンガードのVTという投資信託のチャートです。

国別の比率は米国約53%、日本8.0%、英国6.6%と続きます。

世界の株式とうたっておきながら、アメリカが半分以上占めています。

チャートの左の一番安くなっている箇所はリーマンショックからしばらく下がって底をつけた場所です。

おおむね右肩上がりのチャートになっていますね。

 

次は先進国株式約3800銘柄に投資しているバンガードのVEAです。

国別の比率は日本約20%、英国15%、カナダ8%と続きます。

アメリカが入っていないとこのような右肩上がりでないチャートになってしまうのですね。

 

次は新興国に投資しているバンガードのVWOです。

新興国株式のインデックスFTSEエマージングの値動きの連動を目指したETFです。

国別の比率は中国約37%、台湾15%、インド11%、南アフリカ、ブラジル約7%と続きます。

VEAより上下に激しく動いていて、値動きが荒いことがわかりますね。

VEA同様に右肩上がりのチャートにはなっていません。

値動きが荒いことは悪いことではなくて、儲かる可能性も秘めています。

ドルコスト平均法で買い付けて、売る時にある程度高値の時なら儲かる可能性もあるし逆に下落している時なら損をする可能性があるのでリスクが高いとなるわけです。

 

最後に米国の約4000銘柄に投資しているバンガードのVTIです。

米国株式市場のほぼ100%をカバーしている投資信託。

完全な右肩上がりで、どのタイミングで購入していてもある程度の期間積み立て投資すれば利益が出ているのです。

 

VT(全世界株式),VEA(先進国株式),VWO(新興国株式),VTI(米国株式)のチャートを詳しく見比べてみましょう。

米国株式を推す理由

私が米国株式インデックスファンドを推す理由として、VTIのチャートで下落している所では他のファンドでも下落しているということ。

耳飾りの少女
耳飾りの少女
つまりアメリカの株式が下落すると、世界全体の株式が下落するのね
かんたろ
かんたろ
そういうことですね。米国株式以外に分散投資しても、損失を軽減させる働きは期待できません

VTI(米国)、VT(世界)、VEA(先進国)、VWO(新興国)のチャートを比較するとアメリカが下がれば他国も下がり、他国が下がってもアメリカは下がらないことがあります。

先ほどの写真を拡大したチャートで確認してみましょう。

各チャートに黄色で囲っている箇所は、大きく下落した時からさかのぼった高値の範囲になっています。

黄色で囲ってある2018年年末頃と2016年年始付近の二ヶ所を比較してください。

VTI全米株式

 

VT世界株式

 

VEA先進国株式

 

VWO新興国株式

 

ご覧のように、大きく値を下げる時には世界中で値を下げます。

私がFXの運用の為に書いた記事ですが、○○ショックとその時期がわかりますので参考までにご覧ください。

つまりアメリカ以外の国に分散投資しても、アメリカ株式がある程度下落する時には他の国の株価もほぼ同じタイミングで下落するのです。

さらに下値リスクを避けるための分散投資のはずが、下落率では米国株式より悪くなっています。

高値安値下落率
VTI2018年9月
151.84
2018年12月
119.35
約21.4%
VTI2015年6月
110.9
2016年2月
91.58
約17.4%
VT2018年1月
79.74
2018年12月
62.14
約22.0%
VT2015年5月
64.59
2016年2月
50.34
約22.0%
VEA2018年1月
47.89
2018年12月
35.74
約25.4%
VEA2015年5月
42.51
2016年2月
31.95
約24.8%
VWO2018年1月
50.99
2018年10月
36.35
約28.7%
VWO2015年4月
45.08
2016年1月
27.98
約37.9%

 

逆に上昇する時には米国株式ほど安定した上昇はありません。

地球上での経済は良くも悪くもアメリカが世界に大きな影響を及ぼしているのがわかりますね。

アメリカが世界の株式市場にあたえる影響力を考えると、米国株式のインデックスファンドを買うことだけで分散投資は完成していると考えます。

分散投資とは玉石混交なんでも混ぜて運用する事ではなく、下落幅を軽減させる作用のある投資先へ複数運用する事であるはずです。

今後20年の間にアメリカ株式だけが下落して、他の国は下落しないということが想像できません。

耳飾りの少女
耳飾りの少女
リーマンショックもアメリカ発の経済危機でしたよね?
かんたろ
かんたろ
その通り。アメリカの経済が世界経済の中心だと考えて差し支えないかと

私個人の意見ですが、米国以外の先進国が米国以上の運用成績をあげることは難しいのではと考えています。

もし米国以上の成績をだすとしたら新興国ではないかと。
(あくまでも予想です)

おすすめ商品(銘柄)6選

※目標にしている利回りの関係で私が実際に運用していない銘柄も紹介していますが、おすすめできる商品です。

おすすめ商品を目標利回り別に紹介します。

 

高い確率で利回り5%以上を目指すなら米国株式

 

❶ e MAXIS Slim 米国株式(S&P500)

❶ 楽天 全米株式インデックスファンド

どちらもすばらしい投資信託で甲乙つけがたいのです。実質コストはいずれも0.24%前後となってます。
(同じような商品なので2つの商品で1つとさせていただきました)

私はつみたてNISAでは楽天全米株式インデックスファンドで運用していますが、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)はiDeCOで運用しています。

どちらかが劣っているということはないですので好きな方で良いかと。

毎月33,333円の積み立てを20年間続けた時に、利回りが5%だった場合に受け取る金額は約1,370万円になります。

利回り5%を目指す商品ですが、5%を下回る場合も当然あります。

耳飾りの少女
耳飾りの少女
5%の利回りだと約1370万円になるのは魅力ですね

現状の制度では2019年からつみたてNISAを開始した場合、積み立て期間は最長19年となります。

いつから運用を開始しても20年間積み立てできるように制度の変更が検討されています。

制度が変更されて、つみたてNISAは2037年までに積み立て開始すれば20年間は非課税となります

 

つみたてNISAをもう少し詳しく知りたい方はつみたてNISAを世界一簡単にわかりやすく解説 運用しやすい商品の紹介もをご覧ください。

 

利回り5%を目指したいけど、やっぱり米国株式だけでは不安だと思うなら世界株式

 

❷ e MAXIS Slim 全世界株式(除く日本)

❷ e MAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)

米国株式だけではやっぱり不安だと思う方には世界の株式はどうでしょうか。
(こちらも同じような商品なので2つの商品で1つとさせていただきました)

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)は約59%が米国株式でeMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)は約55%が米国株式になっています。

全世界株式(除く日本)

 

オールカントリー

 

出典元:SBI証券

全世界株式となっていますが約90%は先進国株式です。

日本株が20年間でどう推移するかで多少運用益が変化しますが、大差はつかないのではと考えます。

日本人なら日本株式の商品を保有している可能性があるので、除く日本などという商品があるということらしいです。
(他国でも自国の株式を除いた商品があるようです)

全世界株式は時価総額加重平均型を採用。
(現在世界の株式の時価総額は約55%が米国株式という事です)

全世界株式インデックスファンドでは世界の株式市場の平均値を取引していることになります。

良い時も悪い時も、世界の株式市場の平均で運用できていると同様と考えれることができます。

いずれも実質コストは0.25%程度の低コストです。

過去のデータを参考にすると米国株式のみの運用よりは利回りが下回る可能性が高いですが、米国株式の比率は高いので大きく下回ることはないのではと予想します。

(私はインデックスファンドで先進国株式の入った商品の運用は必要ないと考えています)

 

耳飾りの少女
耳飾りの少女
なんとなくアメリカ株式だけだと不安に感じるわね
かんたろ
かんたろ
不安な気持ちで選んだ商品に長期間投資することはストレスかもしれませんね
耳飾りの少女
耳飾りの少女
世界の株式市場の平均値で売買できる全世界株式インデックスファンドは安心感があるわね

 

運用利回り5%もなくていいから債券を入れた分散投資でストレス少なく運用がしたいならバランス型

 

➌ e MAXIS Slim(8資産均等型)

❹ 楽天 インデックスバランスファンド(バランス均等型)

どうしても債券やREITも運用したい場合にはeMAXIS Slim(8資産均等型)はどうでしょうか。

前の項目で解説したようにREITが入っている投資信託ですのでバランス型で分散投資のつもりでいても、不動産投資の割合が多くなることに注意してください。

不動産投資に興味や魅力を感じている方には良い商品だと思います。

債券が含まれているのでリスクが低いように思われますが、日本の株式やREITの比率が多いということは知っておきたい商品です。
(コロナショックでは世界の株式もREITも暴落しました)

他の商品と組み合わせて運用するのが良いかと。

 

 

運用リスクは低めで、インフレリスクには備えたいのなら楽天 インデックスバランスファンド(バランス均等型)はどうでしょうか。

全世界株式50%、債券50%に投資する商品です。

eMAXIS Slim(8資産均等型)よりリスク(値動き)は低くなっていて、より穏やかな値動きをすると予想できます。

(私はつみたてNISAで債券の入った商品の運用は必要ないと考えています)

耳飾りの少女
耳飾りの少女
穏やかな値動きだと安心よね
かんたろ
かんたろ
投資が初めて人には良い選択かもしれませんね

つみたてNISAは運用利益が非課税になる制度です。

債権が入っていることで株式だけの商品よりは利益が低くなる可能性が高く、優遇税制を最大限に生かせません。

しかし長期の運用期間中には運用益が大きくマイナスになる可能性があります。

人によってはマイナスの時期が大きなストレスになる場合があり、そのような人にはバランス型の穏やかな値動きの方が良いかと。

私自身リーマンショック前から積み立てしていた投資信託があったのですが、長い間大きくマイナスとなっていたのはストレスでしたので。

その投資信託は運用益が出たので現金化をして運用を終了しました。

バランス型で運用に慣れてきたら、商品(銘柄)を変更することも可能です。

楽天証券のつみたてNISAでの銘柄(商品)変更方法手順 簡単に変更可能つみたてNISAを運用してるけど、別の銘柄に変えたくなったことないですか? 運用成績が納得いかないとか、ポートフォリオを見直したい...

 

米国株式の運用利回りより上の利回りを目指したい

 

❺ e MAXIS Slim 新興国株式インデックスファンド

❻ ひふみプラス(ひふみ年金)

ちょっとリスクの高い商品ですが、タイミングよく売ることが出来れば多くの利益を得る可能性がある商品です。

私はつみたてNISAとiDeCoでインデックスファンドの運用をしていますが、e MAXIS Slim 新興国株式インデックスファンドは全体の約8.2%、ひふみ年金に約4.1%の運用をしています。
(残りは米国株式のインデックスファンド)

運用している割合が少ないので大きく全体の利益の影響は受けませんが、新興国に今後の経済成長を期待して、アクティブファンドのひふみ年金にはインデックスファンド以上の利回りを期待しています。

タイミングを見極めて売ることが必須

売るタイミングが難しいですが、長期の運用中に米国株式インデックスファンドより良い利回りでの運用ができるタイミングがあるのではないかと考えています。

売るタイミングを見誤ると全世界株式インデックスファンドなどより運用成績が悪くなる可能性が多いにありますので、おすすめではありません。

 

私は米国以外の先進国やバランス型は必要ないと考えているので、検証するため以外には運用していません。

インデックスファンドで米国株式以外の先進国株式はおすすめしない投資信託の銘柄(商品)選びで悩んでいませんか? つみたてNISAやiDeCoを検討や運用中のあなたに、米国株式以外の先進国株式はイ...

 

つみたてNISAは長期間の運用になりますのでどんな銘柄を選んでも、大きく運用益がマイナスになる時期があるかもしれません。

一番重要なのは運用するあなたが運用益がマイナスなっても、途中でやめず長期間運用を続けることが出来ることだと思いっています。

運用を始めてからでも商品(銘柄)変更はできます。

米経済界「株主第一主義」見直しの影響

2019年8月20日に入ってきたニュースです。

米主要企業の経営者団体、ビジネス・ラウンドテーブルは「株主第一主義」を見直して、従業員や地域社会などの利益を尊重した事業運営に取り組むと宣言したのです。

米経済界「株主第一主義」見直し 従業員配慮を宣言(出典先 日経電子版)

アメリカは今まで株価上昇や配当増加などで投資家の利益を優先してきました。

このようなアメリカ型の資本主義が米国株式の上昇の礎(いしずえ)のひとつになっています。

アメリカ経済成長の勢いが鈍化するかもしれないこのニュースは経済界にとって大きな転換点となる可能性があるのではと思えてなりません。

耳飾りの少女
耳飾りの少女
米国株式だけを買うことに不安を感じます
かんたろ
かんたろ
そうですよね。しかも米国株式の下落は世界の株式の下落につながりますからね

現段階では具体的にどういう事をするのかもわかっていませんし、何かが実施されてもアメリカが世界一の経済大国の座を譲るとは考えられません。

米経済界に対する国民の批判をかわす狙いもあるようなので、国民に対するアピールを主としたニュースなのかもしれません。

何かが実施され米国株式が弱くなると考えた時にも、つみたてNISAの商品で株式をメインにして購入するのであれば、米国株式の比率を少なくしてもあまり意味がないかと思います。

米国株式が下がれば世界株式が下がるからです。

REITは違う値動きをするかもしれません。
(同じような値動きをするかもしれませんが)

まだよくわかっていないので新たなニュースなどによってはおすすめ商品(銘柄)の変更をします。

2020年1月からの運用成績比較

分かりやすく比較できるように、私が実際に少額づつ積み立てしている商品を比較しました。

いずれの商品も良い商品ですので選ぶことが難しいくなっています。

将来どのようになるかはわかりませんが、商品選びの手助けになればうれしいです。

●2020年1月から同額を毎月積み立てした損益を%で比較しています。

定期的に更新していきます。

  • ①楽天・全世界株式インデックスファンド(楽天バンガード全世界株式)
  • ②楽天・全米株式インデックスファンド(楽天バンガード全米株式)
  • ③eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)
  • ④eMAXIS Slim新興国株式インデックスファンド
  • ⑤eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)
  • ⑥eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
  • ⑦eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)
 
2020/5-5.76%-3.87%-6.88%-7.2%-5.99%-3.26%-5.90%

納得いく商品が見つかったら投資を開始しよう

つみたてNISAはやってみたいけど投資するお金の工面に頭を悩ませている方は老後資金はいつから貯める?どうやって貯める?固定費の削減方法と投資先の解説の固定費の削減を参考にしてみてはいかがでしょうか。

つみたてNISAを始める準備ができたら投資する商品を決めましょう。

米国株式にするのか世界の株式にするか、債券やREITが入ったバランス型にするのか。

私は大半を米国株式で運用しています。

耳飾りの少女
耳飾りの少女
口座開設するまえに商品(銘柄)を選ぶの?
かんたろ
かんたろ
証券会社によって取り扱う商品が違うのですよ。楽天証券かSBI証券を選べば問題ないのですけどね

私のおすすめ商品6選では多くがeMAXIS Slimシリーズの商品になっていますが、どの商品(銘柄)も実質コストが安く素晴らしい商品です。
(おすすめの商品は楽天証券かSBI証券で運用可能)

商品は複数選んでもいいので組み合わせての運用も可能ですよ。

私は利回りが5%以上の見込みが高くて、分散投資として十分であると判断して米国株式のみで運用をしています。

しかし人によっては、沢山の国や投資対象に振り分けないと不安な場合もあるでしょう。

長期間の投資では利益が沢山出ることだけが正解ではないという考えです。

初心者の方には特にストレスなく運用する事が重要で途中でやめないことが大事です。

リスクとストレス具合にあわせて商品を選んでください。

途中で商品(銘柄)変更も可能ですので大丈夫です。

以前別の投資信託を運用していた際にリーマンショックによって長期間のマイナス運用の経験済みですが、当時は心穏やかではなかったので。

投資信託の長期運用では運用期間が短い時期(10年未満)のマイナスは気にせずに積み立てていくことが重要だと学びました。

納得いく商品を途中でやめずに運用する事が大事です。

納得いく商品が決まったら口座開設をしましょう。

おすすめの証券会社は楽天証券です。

楽天証券

楽天証券ならコストが安い(最安値の一角)ですし、楽天カードで毎月支払いをすれば楽天ポイントが貯まります。

 

維持費も口座開設も無料の楽天証券
⇩  口座開設はコチラ  ⇩

口座開設
無料の
楽天証券

積み立て期間が長期であることを考えるとカード払いでポイントが貯まる楽天証券は、他社を引き離してかなりお得なのです。

貯まったポイントが支払いで利用できることも利点。

もちろん私のおすすめ商品も楽天証券で購入可能ですよ。

もし楽天カードをもっていないならこの機会に作りましょう。

年会費も維持費も無料なので、楽天カードを作ってくださいね。
(メリットしかないです)

耳飾りの少女
耳飾りの少女
楽天証券と楽天カードは必ずセットにしてよ

楽天証券はどうしても嫌な人にはSBI証券をおすすめします。

カード払いでポイントが貯まらないこと以外は大きな違いなくコストも安くおすすめです。

 

商品(銘柄)を決めかねている人も、楽天証券かSBI証券で口座開設はしておいた方がいいですね(口座開設には時間がかかるので)。

楽天カードを持っているか作ることに抵抗がないのならカード払いでポイントが貯まる楽天証券が一番おすすめです。

楽天が嫌な人はSBI証券を選べばいいでしょう。

開設準備が整うまでに商品を決めればいいです。

楽天証券とSBI証券は商品ラインナップが豊富ですので、私のおすすめ商品以外にもたくさん商品があります。

長く運用していると考え方が変わることもありますが、商品は途中変更できるので心配いりませんよ。

どんな商品を選んだら正解(100点満点)だったのかがわかるのは10年、15年と運用した後になります。

未来のことはわからないので、100点満点はとれなくても80点を目指して商品を選んでみてください。

つみたてNISAは制度変更しました。

詳しくは つみたてNISAを世界一簡単にわかりやすく解説 運用しやすい商品の紹介も をご覧ください。

世界一の投資家と言われているウォーレン・バフェット氏が株主へ出した手紙で言及したことも参考してください。

ウォーレンバフェット投資法

出典元 マネックス証券

私はつみたてNISAで20年間運用後の資金を老後資金にして消費するだけではなく、運用にまわしてその利益を老後資金の足しにと考えています。

リピート系FX自動売買は老後の資産運用にも有効ではと運用中です。

つみたてNISA以外にもほったらかしでの投資を検討している方にもリピート系FXはおすすめですのでFX自動売買 NZD/CAD (リピート系) 週間収支実績を参考にしてください。

 

つみたてNISAの運用には様々なリスクが伴います。
ご理解の上、ご自身の判断と責任において運用、投資行動を行いますようにお願いいたします。