つみたてNISA

株価暴落でつみたてNISAに含み損が出ても投資を継続した方がいい

株暴落でもつみたてNISAは継続

つみたてNISAやiDeCoでインデックスファンドを積立投資している場合、株価が暴落した場合に今後の投資をどうしたら良いか迷いますよね。

結論としては、今まで通りたんたんと積立ていくのが良いと考えています。
( 残りの積立期間が短い場合には、これ以上傷が深くならないように決済するという選択もありますが )

つみたてNISAは2018年からスタートした制度です。

積立期間はまだ短く、最長20年間の積立期間をフルに活用すると考えると、まだ長期間の積立期間が残っています。

つみたてNISAやiDeCoに限らずまだ長い期間の積立投資が可能ならば、何も考えず積み立てを継続することをおすすめします。

かんたろ
かんたろ
この記事は私が過去の経験から得た、長期積立投資に対する考えです

株価暴落でメンタル的にしんどくなってきていませんか?

私はつみたてNISAとiDeCoで株式のインデックスファンドを毎月積立投資をしています。

つみたてNISAやiDeCoの運用ではない場合でも、あなたが長期運用( 20年程度 )を考えての運用で、積立期間が10年未満の場合でしたら参考にしてください。

今後も経済は成長すると考えて、株式のインデックスファンドで運用する事を前提にしています。

経済はもう成長しない、もしくは衰退して株価は上がらないと考えている方には参考にならない記事です。

ドルコスト平均法で高値づかみがふせげる

ドルコスト平均法

《安く買って高く売る》が投資の王道。

配当金や株主優待を狙った売らない投資方法もありますが、安く買いたいということでは同じです。

一番安い時にまとめて買うことができれば最高ですが、そんな神業はできません。

ドルコスト平均法なら私のような凡人でも、長期間買い続けることで相場の平均値付近で買うことができます。

大成功も大失敗もない買い方が、ドルコスト平均法。

株価暴落時にも買う事で、相場の平均値になるのです。

暴落時にビビって買う事を一旦停止して、株価が落ち着いてから再スタートすると平均値より高い買値になってしまいます。

長期間定期的に買い続けるというのが肝になりますので覚えておきましょう。

長期運用では2つのフェーズ(局面)がある

長期運用では2つのフェーズ(局面)がある、というか2つのフェーズしかないです。

  1. 買うためのフェーズ
  2. 売るためのフェーズ

この2つです。

長期運用では大部分の期間が買うためのフェーズです。

長い期間をかけて大量に商品を仕入れるという行動になります。

実は商品を安く仕入れることができる株価暴落時は、笑みがこぼれてしまう状態なんですよ。

少し前の株価が最高値圏の時は、仕入れ値が高いということだったんですね。

含み益が出ていたので喜んでいたのですが、今は含み益を見て喜ぶフェーズではありません。

買うためのフェーズでは暴落に巻き込まれても含み損があっても気にせずに、たんたんと買い続けることが正解です。

かんたろ
かんたろ
私はつみたてNISAの運用成績を確認するのは年に1回か2回だけですよ

つみたてNISAの商品を変えることはできますので、今回の暴落を機会に商品の見直しをしてもいいかもしれませんね。

つみたてNISAの初心者に選び方がわかる要点の解説と商品(銘柄)の紹介

それでは、売るためのフェーズとはいつのことでしょうか?

売ることを考え始めるのは投資期間の後半、予定している投資期間の残りが5年未満になってからで良いのではと考えています。

その時の経済状況によりますが、現在の年齢や資産状況などを考えて私個人的には2033年(つみたてNISA運用期間15年)になったら売ることを考えればよいかと思っています。

含み益がそれなりに出ていたら、一括でもいいし一部だけ利確するのもいいのかと。

つみたてNISAの非課税枠が残っている場合、積立投資を継続しながら利益確定売りをするという選択もできます。

出口戦略については後日、別記事にてまとめる予定です。

まだ長い期間買いのフェーズが残っていますので、今のところあまり考えておらず、慌てて出口戦略を考える必要はないと思っています。

暴落時でも投資は継続した方がいい

暴落時には、このまま積立投資を継続していいのか不安になりますよね。

沢山の人が多かれ少なかれ不安な感情は持っていると思います。

不安に感じることは普通なのです。

不安が少ない人は、長期積立投資のことを良くわかっている人です。

長期積立投資で知っておくこと

暴落時にも買い続けることで、平均値になる

インデックスファンドの平均値は優秀である

買うためのフェーズでは売ることは考えなくてもいい

手練れのベテラン投資家さんは、暴落時にはチャンスとみて買い増しをします。

買い増すタイミングや金額はそれぞれ違いますが、暴落を待っているのです。

買い増すお金がない私は、今まで通りに毎月積立投資を継続するだけですが。

でも、毎月積立を継続するだけで平均点を取ることができます。

平均点を取るためにすることは、暴落時にも積み立てを継続するだけです。

積み立てを継続するだけで平均点が取れるのです。

プロや専業投資家でもない私が、平均点で運用できるのが長期積立投資。

あなたも途中でやめずに平均点を取りましょう。

やっぱり気になるつみたてNISAの出口戦略

私はつみたてNISAの出口戦略を先送りにしています。

先送りにしている理由は、今考えることではないと感じさせてくれた記事を読んだからです。

私の読んだ良記事をご紹介します。

ななしさんの記事

【氷河期ブログ】の つみたてNISAの出口戦略 という記事です。

毎月の積立投資は20年後の自分への仕送りと考える。

損したくないという思いが少し軽くなった良記事です。

 

ナザールさんの記事

 【トラインベスト】の米国株つみたてNISA出口ケーススタディ という記事です。

暴落時のシミュレーションでは、トータルでみると利益が出るという結果に。

想定される最悪の事態でも被害は案外少ないことを知ることができた、安心を与えてくれた良記事です。

つみたてNISAの出口戦略が気になっていた時期に読んで記事です。

この2つに記事を読んで思ったのは、「今は出口戦略の事を考えなくてもいい」でした。

私の中ではほぼ答え合わせのような記事だったので、あなたにも参考になるのではないでしょうか。