お得な生活

プラズマテレビから4K液晶テレビのソニーKJ-49X9000Fに買い替えした感想

プラズマテレビから4K液晶テレビのソニーKJ-49X9000Fに買い換えた時の、メリット・デメリット、違いなど感じたことの記事になります。

4K液晶テレビと有機ELテレビの比較もしました。

プラズマテレビからの買い換えですと液晶テレビではちょっと不安に感じている人もいるのではないでしょうか。
(私は少し不安でしたので)

結論になりますが、上位機種の4K液晶テレビであればプラズマテレビと比べても問題ないです。

私が数年前にプラズマテレビを買った理由は液晶テレビの画質が気に入らなかったでした。

プラズマテレビか液晶テレビを悩んで家電量販店で見比べていた時のことです。

撮影照明の具合などで人の顔に強い光が当たった時にまるで油絵で描いたような、気持ち悪い画質になったのが液晶テレビでした。

こんな気持ち悪い画質を毎日見るのはありえないと感じて、プラズマテレビを購入したのを今でもしっかり覚えています。

そしてプラズマテレビの画質に満足していました。

耳飾りの少女
耳飾りの少女
プラズマテレビは良かったのにな
かんたろ
かんたろ
残念ですけど、プラズマテレビは生産終了してしまったので

しかし年月が経ち、買い換えの時期が来ました。

プラズマテレビは現在生産していないので、買い換えの際には液晶テレビか有機ELテレビかを選択しなければなりません。

液晶テレビと有機ELテレビの違い。

そして現在の液晶テレビとプラズマテレビの違いを経験から比較をしましたので、ご自分にあったテレビを選ぶ参考にしてください。

おすすめ商品も紹介しています。

大型テレビは高額ですので、少しでも安く購入できるようにネット通販を利用しましょう。

私が何度か購入しているECカレントは安くて長期保証も加入できておすすめです。

商品が決まったり、悩んだときは一度値段だけでも比べてみてください。

ECカレント ホームページ

液晶テレビと有機ELテレビの違い

細かい技術的な説明はしません。

私が液晶テレビを購入の際には色々調べて、技術的な解説も読みました。

が、もともと知識があるわけではなかったので「なるほど」とはならなかったのです。

きっとあなたが知りたい情報は、画質、機能、値段といったことだと思います。
(私がそうだったので)

ザックリですが、役に立つ情報です。

激安家電通販のデンマート

画質がいいのはどっち

総合的に画質がいいのは有機ELです。

液晶テレビが苦手な暗いシーンの表現がプラズマテレビに近い。

スポーツ観戦など動きに強いのも、視野角が広いのも有機ELですね。

視野角とは

テレビの画面を見る時、上下左右どの角度まできれいに見えるかを示す角度。

視野角が広いほど斜めから見てもきれいに見える範囲が広いということ。

視野角は広い方がよい。

高画質な映画やスポーツ観戦を妥協無く楽しみたいなら有機ELを選択するのが良いでしょう。

白色の表現は液晶テレビの方が良いです。

画質を比べれば有機ELの方が優れているであって、液晶テレビが悪いという事とは違います。

4K液晶テレビは十分きれいです。
(4K以外の下位機種は当然画質が劣ります)

有機ELテレビの方がよりきれいだという評価。

テレビを買うなら画質の良さは最高の物が欲しいと考える人には有機ELが良いでしょう。

価格が安いのはどっち

価格が安いのは液晶テレビです。

しかし、テレビに何を求めるかによって価格は変わってきます。

テレビなのである程度の画質は必要ですよね。

4Kではない安価な物もありますが、40インチ以上なら4K液晶テレビを選んでください。

大抵のメーカーでは安価な入門機、中級機、高価な最上位機があります。

当然ですが最上位機は画質などを含めた機能が良いのですが、値段が高くなってしまいます。

画質がよいといっても有機ELよりは劣るということを考えると、悩ましいところです。

私が買ったソニーKJ-49X9000Fは4Kチューナーは内蔵されていませんが、必要な人は内蔵されているものを選んだ方が良いでしょう。

どうやってソニーKJ-49X9000Fを選んだか

部屋の模様替えをした時にテレビの位置がソファーから遠くなってしまい、もう少し大きいテレビが欲しくなったのが買い替えをした理由です。

もちろん色々調べました。

有機ELも検討しましたが、値段が高いのはやはりネック。

LG(韓国メーカー)の有機ELなら国内メーカーより安く頑張れば買えないことはなかったのですが、高価なテレビを私の中では信頼度の低いLGを買う気にはなれなかったので却下。

量販店にも画質を見に行きましたが、メーカーによって色合いの違いはあれど正直どれもきれいだという感想でした。

耳飾りの少女
耳飾りの少女
どのテレビもきれいな画像だったわね

見比べた感じではソニーの発色が気に入ったので、ソニーから選ぶことに。

ソニーの中から機種を選ぶことは決まったので、どんな機能が自分に必要なのかを考えました。

機能面で気になったのは残像感です。

量販店で見た時には気にならなかったのですが、液晶テレビではプラズマテレビより速い動きが苦手で残像が出やすいのです。

テレビのサイズが大きくなれば、残像はより目立つようになります。

テレビのサイズは49インチと決めていたので、動きに強い機能が優秀なKJ-49X9000Fを選びました。

ソニー4K液晶テレビは5機種あって、上から2番目に良い機種になります。

プラズマテレビからソニーKJ-49X9000Fに変わった感想

テレビの電源を入れて画面を見た時の最初に感想は、発色が濃い。

濃すぎて噓くさい。

ナチュラルなプラズマテレビの発色とは違い、なんだか自然ではない感じの色で失敗したと思いました。

かんたろ
かんたろ
初めは自然ではない色が気に入らなかったですね

色の設定をあれこれ変更したのですが納得いくようにはならなかったです。

すごく変なのかといえば、そんなことはないのですが・・・画面はきれいなんですよ。

それから1週間ほど経過した時に気が付いたのです。

「あれ?気に入らなかった発色が気にならなくなってる」

そうです、慣れです。

発色にさえ慣れてしまえば、画面自体はきれいなのだから不満はなくなりました。

慣れるために数日時間がかかりますが、慣れてしまえば液晶テレビでも

プラズマテレビと比べて画質が劣っているとは思いません。

それが私の感想です。

音質はサウンドバー(テレビ用スピーカー)を別途つないで聞いているので違いはわかりません。

プラズマテレビに比べて枠が小さくなったので、画面のサイズは大きくなったのにテレビ自体の大きさはさほど変わりません。

プラズマテレビの枠いっぱいに画面がある感じです。
(42インチのプラズマテレビから49インチの液晶テレビに買い替えしました)

リモコンの感度が悪くなりました。

サウンドバーが邪魔でリモコンの受信部を遮っているのも理由ですが、サウンドバーが無くてもリモコンの感度は悪く、動きもワンテンポ遅い。

古いスマホを操作している感じです。

外付けハードディスクを別途購入すれば番組録画が可能ですが、操作性は悪いです。

CMだけを飛ばしたりできないので、NHK専用で録画をしています。
(15秒スキップとかはできますがやりにくい)

という感じで概ね満足していて、一番不安だった画質に関しては合格点と言えるでしょう。
(残像も気になりません)

 

テレビの選び方

私が4K液晶テレビを購入する際に調べてことで、今後購入する方の参考になればうれしいです。

4K映像やスポーツ観戦を最高の画質で見たいなら

有機ELテレビを買いましょう。

高画質の4K動画の配信サービスを契約して見たり、4K Ultra HD blu-rayソフトで映画を見たいなら有機ELテレビで決まり。

スポーツ観戦を大画面で妥協無く見たい人にも有機ELテレビがいいですね。

私なら国産メーカーのテレビを買いますが、LG(韓国メーカー)も画質は良いようです。

テレビ見るのはほとんど地デジなら

4K液晶テレビを買いましょう。

私がこのカテゴリーになります。

映画も好きでBlu-rayソフトを借りてくることもよくあるのですが、ソニーKJ-49X9000Fで問題ないですね。

もちろんお金が沢山あれば有機ELテレビを買ったかもしれませんが、そこまでのこだわりはありませんし、Blu-ray+KJ-49X9000Fで十分映画は楽しめますよ。

おすすめテレビ

私が購入の際に自分で実際に調べて、ピックアップした商品をおすすめテレビとして紹介します。

店頭で確認した時に一番しっくりした色合いだったのがソニー製品だったのでKJ-49X9000Fを購入しましたが、家で映し出された画面を見た時には正直違和感を感じたのが事実です。

店頭で確認するのは良いことですが、実は家とお店とでは環境が全く違います。

お店の中の照明はかなり明るい

テレビの設定が店頭展示用になっている

設定が店頭展示用になっているテレビを、沢山見比べてしまうため自分の基準がわからなくなり勘違いした選択してしまう

しかし色の調整なども可能ですし、人間の目は時間が経過すれば慣れるというのも実感しました。

かんたろ
かんたろ
私だけではなく、家族全員が慣れましたよ

色合いというか色の出し方はメーカーや機種によって違い、好みが分かれますがそのうち慣れます。

なので色合いは、あまり神経質にならなくてもいいのではないかという考えです。

ですがグレードの低い価格が安い物だとそもそもの画質が悪いものがあるのは事実で、画質の悪さは慣れるどころかストレスがたまる可能性があります。

ストレスがたまる商品を、多少安いからと買うのは賛成できません。

毎日見るし長い間買い替えしないテレビなので、本当におすすめできる商品だけの紹介となっています。

おすすめ有機ELテレビ

4K画像を妥協無く見たいのなら有機ELテレビがおすすめです。

耳飾りの少女
耳飾りの少女
こだわりがある人には、こだわったテレビがおすすめですよ

パナソニック
VIERA  TH-65GZ2000 (65インチ)

最高画質の有機ELテレビ。

現時点で4K画質を見るなら一番きれいなハイエンドモデル。

音質も良い。

TH-55GZ2000 (55インチ)もあります。

 

ソニー
BRAVIA KJ-77A9G (77インチ)

ソニーのハイエンドモデル。

パナソニックの TH-55GZ1800 (55インチ)と競合する商品。
(TH-65GZ1800 65インチはあるが77インチはない)

KJ-65A9G (65インチ)と KJ-55A9G (55インチ)もあります。

 

東芝
REGZA 55X930 (55インチ)

タイムシフトマシンが便利。
(見逃した番組を見ることができる機能)

 

2019年モデルより安い4Kチューナー無しの2018年モデル(型落ち)を買うのもよいかと。

おすすめ4K液晶テレビ

地デジやレンタルBlu-rayで映画を楽しむ人には4K液晶テレビがおすすめ。

有機ELテレビより安いのでお財布にもやさしいです。

かんたろ
かんたろ
私はこのカテゴリーですが、満足してますよ

■ソニー
BRAVIA KJ-55X9500G (55インチ)

ソニーの液晶ハイエンドモデル。

私はこの機種の前モデルを使用中。

これより安い機種での大画面はおすすめできません。

49、55、65、75、85インチがラインナップ。

どのメーカーも大型テレビは有機ELに力を入れている感じになっています。

液晶テレビで良い製品は近いうちに無くなるかもしれませんね。

 

有機ELの型落ちを狙うのもアリですね。

型落ちですと4Kチューナー内蔵されていないですし、在庫の関係もあるので安く買うには運が必要ですが、探してみる価値はありますね。

4Kチューナーは後付けできますし、レコーダーに内蔵されたものをかってもいいです。

有機ELテレビの型落ち品番は

 

パナソニック
TH-55FZ1000   TH-65FZ1000

ソニー
KJ-55A9F  KJ-65A9F

東芝
55X920

おすすめショップで安く買おう

欲しい商品が決まったら、必ず全てのおすすめショップで値段の確認をしてください。

かんたろ
かんたろ
商品は同じなので安く買いましょう

欲しい商品の品番(おすすめ商品の背景が水色の部分が品番です TH-55FZ1000など)をコピーして、下のおすすめショップのホームページに入って検索欄で貼り付けて検索してください。

型落ちを狙うならすぐにでも全店確認した方がいいです。

もし残っていたらラッキーで躊躇していると、さっきまであった商品が売り切れになってしまいますよ。

おすすめショップ

ECカレント

値段も安く、延長保証や大型家電の設置もできますしリサイクル商品回収も問題なし。

私が実際に何度も買い物しているショップなので、おすすめできます。

ECカレントホームページ

 

Nojima Online

延長保証や大型家電の設置、リサイクル商品回収も対応

ノジマオンライン ホームページ

 

ヤマダモール

ヤマダ電機のショッピングモール

ヤマダモール ホームページ

 

特価COM

特価COM ホームページ

 

ヤマダウェブコム

ヤマダ電機のウェブサイト。延長保証や大型家電の設置、リサイクル商品回収も対応

ヤマダウェブコム ホームページ

 

激安!家電通販のタンタンショップ

延長保証や大型家電の設置、リサイクル商品回収も対応

激安!家電通販のタンタンショップ ホームページ

 

eBEST

eBEST ホームページ

 

ポイントが沢山もらえたり、PayPayを使ったりしてお得に安く買い物できる場合があるのでYahoo!ショッピングも調べてください。